MSIモニターを使いこなそう・設定方法を解説【GamingOSD】【Remote Display】

更新日:

 

ネット上にMSIモニターの設定方法を紹介した記事が全然無かったため、まとめてみました。
MSIのPCアプリケーション「GamingOSD」やスマートフォンアプリの「MSI Remote Display」を中心に説明していきたいと思います。

 


 

簡易的な設定

背面の赤いボタンを操作することでモニターの設定を変更することができます。

しかし、今回はPCやスマホからの操作でモニターの設定を変更できる方法を解説します。
 

 

GamingOSD

PCからMSIモニター設定を変更できるアプリケーションとなります。

 

前準備

 
USB2.0TypeBでディスプレイとPCを接続します。(PCと通信するため)
 

 

 
次に「GamingOSD」をダウンロードします。
公式サイトよりOSを選択してダウンロードしましょう。
GamingOSD
 

 
 
zipファイルをダウンロードしたら「GamingOSD」ファイルの中にある「setup」ファイルを起動しましょう。
流れに沿って進めばインストールできると思います。
 
続いてGamingOSDの使用方法を解説します。
 

画面の表示を調整

左の「ユーザー」や「FPS」などを選択することによって、各用途に合わせてモニターの表示設定を変更できます。
 
 
簡単に設定の内容について解説します。

モニター
輝度画面の明るさを変更。初期値:80
コントラスト色の強弱を変更。初期値:80
鮮明度画像の明瞭さを変更。初期値:0
ブラックチューナー背景の輝度を変更。初期値:10
応答時間画面の切り替わる速さを変更。FPSなどにおすすめ。
イメージ拡張画像エッジ(輪郭)を強調。
色温度画像のRGBを変更。
スクリーンサイズ16:9か4:3の表示に切り替え。
HDCR画像のコントラストを高めて画質を向上させる。
アイセーバーブルーライトをカットしたモード。
アンチモーションブラー輝度を抑えるモード。
AdaptiveSynk対象のGPUを利用することでラグを減らす。
スクリーンアシスタンス
画面の中央に選択したアイコンを表示。FPSで使用。
リフレッシュレート
リフレッシュレートの値を表示。
アラームクロック
アラームを画面上に設置できる。

 
 
続いてオススメの調整をご紹介します。
 

 

ユーザー(普段使い)

普段の表示では「ユーザー」を選択・設定します。
表示の綺麗さに重きを置いて設定しています。

 
 

モニター
輝度90
コントラスト75
鮮明度3
ブラックチューナー11
応答時間通常
イメージ拡張オフ
色温度通常
スクリーンサイズ16:9
HDCRオフ
アイセーバーオフ
アンチモーションブラーオフ
AdaptiveSynkオフ

 
 

リーダー(読み書き・作業・ブルーライトカット)

単純に文章を読むときや、タイピングをするときなどは「リーダー」、ブルーライトカットの設定がオススメです。

 
 

モニター
輝度75
コントラスト60
鮮明度3
ブラックチューナー11
応答時間通常
イメージ拡張オフ
色温度カスタマイズ
(R:50, G:50, B:75)
スクリーンサイズ16:9
HDCRオフ
アイセーバーオン
アンチモーションブラーオフ
AdaptiveSynkオフ

 

 

 

 

MSI Remote Display

続いてはスマートフォンから設定を変更できるアプリについてです。
Androidのみに対応(iOSは非対応)という点に注意。

 
PC上でGamingOSDの設定と起動が終わっていることが前提条件となります。
 
GamingOSDで設定した表示の切り替えや、入力端子(HDMI)の切り替えなどをスマートフォンから変更することができます。
 

表示設定の切り替え

 

 

入力端子の切り替え

 

 

ダウンロード

 
Androidのみ対応
 
Google Play
 

 

オススメのMSIモニター

 
安さ重視


 

 
丁度いい大きさはコレ


 

 
4K・高画質


 

 

参考・引用

本記事の各画像はMSI公式サイトから引用しています。
 
MSI